コーポレートサイト&サービスサイト制作

創業以来、最新のIT技術を駆使し、社会を豊かにするための事業・サービスを展開してきた「株式会社ナレッジコミュニケーション」のコーポレートサイト制作やサービスサイト制作を手掛けた。

新たな価値を生み出す開拓者を目指しつづけるナレッジコミュニケーションという企業。「ロボット」「AI」「クラウドコンピューティング」といった事業・サービスから、緻密さをあえてやわらかく表現。ひとつの型に縛られることなく、やわらかに思考を変えていく企業姿勢を可視化することに注力した。

CORPORATE SITE

コーポレートサイト制作

“テック企業”として挑戦し続けるナレッジコミュニケーションのコーポレートサイト制作で意識したのは戦略的インパクト。

トップ画面を大胆に2分割に。さらに1/2のエリアをまた2分割に、さらに1/2を2分割にして各コンテンツを埋め込むというインパクトあるデザインは、過去に例がない。入れ込む画像も緻密に計算し、画像サイズ・縦横比が変わっても美しく収まるよう細部までこだわっている。

Knowledge Communication コーポレートサイト

SERVICE SITE

サービスサイト制作
(ナレコムVR)

ナレッジコミュニケーションが新たに提供するサービス「ナレコムVR」のサービスサイトを制作。MR技術を活用し現実世界を拡張する新たなサービスを可視化すべく、立体感や没入感が感じられるデザインに。実際にサービス利用者が体感する3D拡張現実の世界観や、サービスによって得られるベネフィットも画像を挿入することで表現。サービスによって得られる価値を明快に表現している。

サービスサイト「ナレコムVR」

動画制作

「ナレコムVR」サービスサイトに挿入する動画制作も弊社が担当している。撮影は弊社併設のスタジオにて実施。併せて制作するサービスサイトの世界観との融合、実際にサービスを利用したときの体感の双方を想定したうえで総合的にディレクションを行い、サービスの利用価値を最大限に表現した。

サービスサイト制作(ナレコムAI)

人工知能(AI)技術の業務利用を可能にしたサービス「ナレコムAI」のサービスサイト制作では、近未来や人工知能をイメージさせる表現をしている。それまでハードルが高いとされていたAI技術のイメージを払拭し、「AIを手軽に」というコンセプトのもと提供されるサービスということを踏まえ、ポップさも感じられるビジュアルでサービス全体の世界観を創り上げている。

サービスサイト「ナレコムAI」

モーション
グラフィックス
制作

ナレッジコミュニケーションが提供する「ナレコムAI」のサービス紹介動画(モーショングラフィックス)を制作。2分という短い時間で、サービス概要や導入メリットをポップなアニメーションで紹介。テンポ良く視聴できる、という点にも注力している。声優のオーディションやレコーディング、編集などもすべて弊社にて担当。モーショングラフィックスでも「AIを手軽に」を表現している。

サービスサイト制作
(ナレコムクラウド)

ロボットの稼働に必要なクラウドに関連する「ナレコムクラウド」のサービスサイト制作事例。大きな可能性を秘める“ロボット”から着想し、一定方向ではない動きをサイト構成に持たせた。そう遠くはない未来を連想させるようなビジュアルで、ロボットを身近なものと感じてもらえるデザインにしている。

サイト制作には、弊社が得意としているCMSを使用。山京建設株式会社が掲げる「家は人なり。だからこそ、代わりのきかない家づくりを。」という理念、そしてスタッフの方の熱い想い、社風、お施主様の笑顔を起点に、明るくスタイリッシュであり、それでいてフレンドリーで親しみやすいデザインを目指している。

ナレコムクラウド
Client's comment
ナレッジコミュニケーション
小泉裕二 様より

ウーマさんとはもう10年近くお付き合いさせていただており、弊社のコーポレートサイトからサービスサイト、ロゴ制作、採用ページの社員撮影、プロモーション動画のデザイン、制作業務まで多岐に渡りご支援いただいております。ウーマさんと他の制作会社と圧倒的に違うと思うのが、提案力とスピードです。弊社側は当時はデザインの専門的なメンバーがいないため、非常に抽象的でふわっとしたオーダーでも具現化していただき、具体的なイメージでご提案いただき、さらに想像よりも品質の高いものでご提案頂くので、社内でもいつもさすがウーマさんということが多いです。また、スピードについてもいつも、こちらの想像以上のスピードで仕上げてくれるので、非常に驚いています。これからも引き続き宜しくお願いします!

的確な技術で常に最先端のサービスを提供しつづけるナレッジコミュニケーション様。いただいたコメントにあるように「ふわっとしたオーダー」は当然で、他に事例の無いビジネスを新たに開発されておられるのですから、確実なイメージでデザイン発注する事自体が難しいのです。もちろん弊社にとっても最先端のITビジネスにデザインを与えることは難易度が高く、「提供サービスの本質とは」「ユーザー目線で」「わかりやすい導線、UIUX」を意識して制作をすすめさせていただきました。AI/ロボティクス/VR・・・ナレコム様が挑む新たなIT領域に、共に挑戦させていただいておりますこと、いつも感謝をしております。新たな夢をカタチにすべく、次回のプロジェクトを楽しみにしております。(U-MA/ウーマ)